子育てに理解がなさすぎて転職を決意しました

離婚を経験し、子供を一人で育てていくために看護学校に通い、資格を取得しました。
クラスメイトはみんな自分より年下で、普通に学校を終わって進学してきた人たち。
でも、子供に苦労させないために頑張って資格を取ってきました。

そして念願の病院勤め。
福利厚生がよく、夜勤手当も他の医療施設より高額。ボーナスも年5か月半だし、3月には期末手当もありました。
夜勤もたくさんあって辛かったし子供にも寂しい思いをさせましたが、経済的には安定し、子供がやりたいことは何でもやらせてあげることが出来ました。
小学校も希望の私立に通わせることが出来て、看護師の仕事はとっても満足していました。

でも、人間関係が酷くて、特に直属の上司からの嫌がらせとも思えることが続いて、転職したいと考えることが増えてきました。

まず学校行事で休み希望を出すと、その日は必ず深夜勤務明け。
授業参観は午後2時からなのですが、深夜勤は朝9時15分に終了します。
でもほとんどサービス残業があり、退勤時間は10時を過ぎることがほとんど。
それから帰宅して家事をすませたりしたら、寝る時間はほとんどありません。
そして午後に授業参観は、頭がボーっとします。

それに、「この日は子供の誕生日なので休み希望です。」と伝えているのに、仕事が入り、後で調整をお願いすると
『だったらあんたが勤務表作ってみなさいよ!どれだけこっちは苦労して作ってると思ってるんだ!』
と怒鳴られたことがありました。
確かにそうかもしれませんが、じゃあ何のための勤務希望なの…。
と悲しくなるほどでした。
そんなこんなで転職を考えることが増え、転職サイトに登録してしまいました。

転職サイトのいいところは、仕事をしていて時間がなくても、希望に近い求人情報をくれること。
職業安定所と違い、自分で片っ端から求人情報を見て検討する…という時間のかかる作業を転職サイト側で行ってくれるので、効率よく転職活動ができます。
私はなるべく夜勤を減らしたいと考えていたし、糖尿病療養指導士の資格を持っていたので、それを生かせる医療施設で働きたいと思っていたので、転職サイト側に希望を伝えて数件の求人情報をいただきました。

今の病院は糖尿病患者さんがいても、積極的な治療をする病院ではなかったので、糖尿病療養指導士の資格を生かすことができませんでした。
何かしようものなら、上司から「調子に乗っている。」とか、「でしゃばり」などと言われたりしていたので…。

転職サイトは、登録している人たちからの様々な情報を得ているので、人間関係などのアングラなことも細かく教えてくれます。
『こちらは給与面が優遇されていますが、退職率が高いです。」
など、メリットデメリットをきちんと教えてくださるので、効率よく転職活動ができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です